投稿

プロジェクトなづき『鳥虫瞰碑』出演

イメージ
プロジェクトなづき 第4回公演『鳥虫瞰碑』に主人公「イタル」役で出演いたします。脚本・演出の川津望氏は、昨年の私の個展『名前の知らない死者を思う為』に来てくださった折、一遍の詩を書き上げて帰りました。
(個展アーカイブページの下の方に掲載させていただいています。https://www.moekomachida.com/kotenn
その後、「うねび」という言葉が降りてきた彼女は、導かれるように様々な土地を訪れ、また更に言葉と物語の訪いによって『鳥虫瞰碑』を書き上げました。
その主人公に、最初の詩が生まれた絵画の制作者である私を選んでいただけたこと、川津氏がまとめてきた物語を受けて、実力ある役者陣の表現が濃厚に加わり、また絵描きの私が身体と言葉を用いて切り返し、ブラッシュアップされてゆく稽古。
一人の表現者としてこんなに贅沢な表現のやりとりが他にあるでしょうか。
自分の作品から何かを受け取った方のその後の思考の足取りを知れることは、とても嬉しく刺激的なことです。

誰もが、物語の登場人物の誰かに、何かしらの共感を覚えるような、人間界の憧れと儚さの縮図のような、見たこともない、でもどこかでずっと知っていたような、そんな一場面一場面に出会える物語です。

ぜひ足をお運びください。

_________________________________

プロジェクトなづき
第4回公演『鳥虫瞰碑』


すこしだけでいい。飛んでいきたい蝶に生まれると変わるといいなれるのおまえは間違えてここへ来たからね飛んでいける?
●日時5/22 19時開場 19時半開演5/23 13時半開場 14時開演(マチネ)   18時半開場 19時開演(ソワレ)●場所アトリエ第Q藝術 東京都世田谷区成城2-38-16●料金予約 3000円当日 3500円ご予約は projekt.nazki@gmail.com (ご希望の日時、人数、お名前を明記の上お送りください)
●出演者町田藻映子伸枝今井歴矢田口和川津望ゴーレム佐藤上野憲治園丁月夜彦●楽師園丁川津望米倉香織(楽曲提供)●照明早川誠司●作・演出川津望月読彦
プロジェクトなづき
HP: http://nazki.com/
FB:https://www.facebook.com/プロジェクトなづきprojekt-nazki-289799738549886/<

個展『生きる者たちを想う為』終了いたしました(パフォーマンスイベント記録)

イメージ
個展『生きる者たちを想う為』が終了いたしました。
展覧会終了から、ようやく普段の生活が戻って来ました。




この度の展覧会・パフォーマンスイベントにお越しいただきましたみなさま、お世話になりました関係者のみなさま、家族には心より感謝を申し上げます。
卒業をして4年と少し経ちますが、色々と要領の悪い私が、こうして活動を続けてこられていることは本当に当たり前のことではなく、周りの皆様のおかげだと改めて強く感じております。
今回は意味深なテーマを掲げましたが、あまり自分でたくさんの言葉を扱いませんでした。(もちろん語れることは山ほどあるのですが。) それでも、作品を見て何かを捉え、何とか言葉を紡ごうとしてくれる方々から出てくる言葉はより豊かであり、時に私が語るよりもより良い言い回しをしていただき、私の方が受け取る側となったように思います。
昔よりも言葉との距離感を心地よく感じることができるようになっています。 やはり、スケッチするように言葉を操る詩人達の力のおかげでしょうか。自分は何だかんだ言えども、言葉を好きなのだなぁと最近よく感じます。 感想を綴ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
パフォーマンスでパートナーを務めていただいた舞踏家の佐藤野乃子さんとは、2人での共演は3年ぶりでしたが、この3年でプロのダンサーとしても大きく進化した彼女に共演を承諾いただけたこと、恐れ多くも本当に光栄の限りでした。 同世代の中でも、最も尊敬する表現者の一人です。 私自身が彼女のファンであり、彼女と作り上げる空気は他のダンサーとはとてもできない唯一無二のことが詰まっているので、それを改めて練られたことが豊かな時間でした。 みなさまにも何か、少しでも持ち帰っていただける瞬間があればと思います。
今後、佐藤野乃子さんは京都での活動をこれまでにも増してますます展開されていく予感。 みなさまどうぞご期待くださいませ。

佐藤野乃子(Nonoko Sato) 三重県出身。18歳の夏、舞踏の道を志す。 今貂子主宰の舞踏カンパニー 倚羅座で制作アシスタントとして活動に参加し、 2012年春、制作兼舞踏手としてデビュー。2018年新春、退団。 「人と舞踏の豊かな出会いを広げたい」という想いを胸に、  入団当時から個人で公演を企画。 “万物の身体”が奏でる純粋な踊りを日々深め「多様な人の生、本当の自由である…

個展『生きる者たちを想う為』

イメージ
町田 藻映子 個展 | MACHIDA Moeko | Solo Exhibition 7月に東京で行われた個展『名前を知らない死者を想う為』の続編となる展覧会を京都で行います。 東京以降の新作も出品予定です。
2019年11月2日(土)- 16日 (土)
13:00 – 19:00 (最終日17 :00迄)
日・月曜休廊 ※日曜日はご予約の方のみ
ギャラリー知 / Gallery TOMO 604-8995
京都市中京区寺町通丸太町東南角
下御霊前町633青山ビル1F
開廊時間 :火曜日〜土曜日 / 13:00 – 19:00
休廊日 :日・月 ※日曜日予約制 Tel : 075-585-4160
E-mail : info@gallery-tomo.com facebook:https://www.facebook.com/events/926227467744403/ 【オープニングレセプションパーティー】
11 月2 日(土) 17:00 – 19:00 【パフォーマンスイベント】
11 月15 日(金) start:19:30- 予約不要
入場料:¥1000(受付を済ませてお入りください) 展示空間にて、舞踏家の佐藤野乃子と町田藻映子によるダンスパフォーマンスを行います。

シリーズ 光の界面 『さえずり/浅い眠りを曳いて』 パフォーマンス出演

イメージ
詩人の田野倉康一氏との初コラボレーション。 田野倉氏は7月の個展にも足をお運びくださり、先日のミーティングでも多くのイメージを共有できました。楽しみです。
夏の間に行った、恐山やフィンランド、リトアニアでの旅で見てきたこと、考えたこと、未だ戸惑うこと、それらが囀りのごとく昇華されてゆく時間になればと思います。 奇しくも、田野倉氏の創作する詩もまた、旅を基盤にしたものが多いそう。
パフォーマンスの中で言葉による「語り」のシーンを入れるのは初の試みで、どんなことが可能なのか、田野倉氏の詩の朗読とそれがどのように呼応して行くのか、未知数でソワソワします。
パフォーマンスが終わったとき、今井氏の設置したインスタレーション空間が我々の行いによってどのように変化するのか、私自身が1番楽しみです。
ーーーーーーーーーーーーーーー シリーズ 光の界面より
「さえずり/浅い眠りを曳いて」 田野倉康一(詩人)
町田藻映子(美術家/ダンサー) 日時:9月8日(日)
開場:18:30
開演:19:00
予約/当日:2,000円 田野倉康一(詩人)
町田藻映子(美術家/ダンサー) 会場: アートスペース .kiten (東陽町) https://www.facebook.com/events/356723598333119/?ti=icl

巻頭絵画《わずかの現象》 画:町田藻映子(2019)
個人蔵

『創作とダンスの為のワークショップ』vol.6 開催予定

イメージ
7月26日金曜夜に『創作とダンスの為のワークショップ』vol.6を行います。

展覧会が終わった後、色々な人と話し、色々な場所に行き(遠出では盛岡と恐山に行きました。)、見聞きし、考える日々が続いていますが、ここでも話す場を設けられればと思います。

今回は今までよりも身体を動かす内容にしていこうかとも思います。

日程が間際となってしまっていますが、ご興味の方はご連絡いただけますと幸いです。

イベントページ:https://www.facebook.com/events/397955304179911/


創作とダンスの為のワークショップ
『身体に見える景色を追う』 vol. 6

2019年7月26日(金)19:00-21:30(稽古場は30分前から入れます)

企画主催・ナビゲーター:町田藻映子(絵描き・ダンサー)
https://www.moekomachida.com

場所:長島桑川コミュニティ会館 F3和室
〒134-0084
江戸川区東葛西5丁目31番18号
最寄り駅:東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩10分

参加定員:10名
参加費:¥1500

参加条件:ダンサー、アーティストである必要はありませんが、踊りの要素を取り入れた内容になるなので、ある程度動くことのできる身体能力が必要となります(迷った時はご相談くださいませ。)

服装:動きやすい服

主な内容:
町田藻映子(絵描き・ダンサー)が主催する創作者の為の定期開催WS。
主に、町田がダンスの稽古で行っているメソッドを主ないます。
また、毎回いくつか創作に関するテーマを設け、参加者の皆さま同士で話し合う時間も設け、それぞれの創作・活動に向かっている時の自分を掘り下げ、共有していきます。
創作や仕事と、生活のことをいかにしてつないでいくか、迷いながらバランスをとりながら活動する中で、絵画作品でなければならない意味、ダンス作品でなければならない意味、等を固めてしまう以前の出来事、を拾い集めたいと思います。
それぞれが自分の思考・身体への気づきを深めていくことを目指します。その為に必要なテクニック(動きのテクニック、思考のテクニック)のようなものは確かに存在すると考えるので、そこをアプローチしていくWSでありたいと思います。


WS様子参照(第2回のフィートバック記事です)

個展 『名前を知らない死者を想う為』

イメージ
このたび、東京・京橋のギャラリーで個展をすることとなりました。
国内では3年ぶりの個展です。


2019年7月1日(月)〜6日(土)
11:00-19:00 (最終日は17:00 まで)  ※日曜休廊
GALLERY b. TOKYO http://www.gallery-b-tokyo.com
〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-4 吉井ビルB1F
TEL&FAX:03-5524-1071





創作とダンスの為のワークショップ『身体に見える景色を追う』 vol. 4

イメージ
創作とダンスの為のワークショップ
『身体に見える景色を追う』 vol. 4
2019年5月15日(水)
19:00-21:30


企画主催・ナビゲーター:町田藻映子(絵描き・ダンサー)
https://www.moekomachida.com

場所:長島桑川コミュニティ会館 和室 ※今回から場所が変更になりました。
〒134-0084
江戸川区東葛西5丁目31番18号
最寄り駅:東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩15分

参加定員:10名
参加費:¥1500

参加条件:ダンサー、アーティストである必要はありませんが、踊りの要素を取り入れた内容になるなので、ある程度動くことのできる身体能力が必要となります(迷った時はご相談くださいませ。)

服装:動きやすい服

主な内容:
『身体に見える景色を追う』ことをテーマに、町田がダンスの稽古で行っているメソッドと、自分にとっての他者・外界との関係性を考えるワークを取り入れたいと思います。いくつかテーマを設け、参加者の皆さま同士で話し合う時間も少し設けます。
ダンサーでなくても、身体に焦点を当てた創作を行う方、身体に重きを置いて何らかの活動をされいる方、ぜひご参加ください。

申し込み先:
moekomachida.workshop@gmail.com
人数把握の為、参加の際は事前にご連絡をいただけますと幸いです。

イベントページ アーカイブ:
第1回