投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

創作とダンスの為のワークショップ vol. 1 『身体に見える景色を追う』

イメージ
創作とダンスの為のワークショップ vol. 1
『身体に見える景色を追う』

2018年10月17日(水)
19:00-21:30

場所:等々力地区会館 
大広間東京都世田谷区等々力3-25-16
最寄り駅:大井町線等々力駅徒歩6分

参加定員:10名
参加費:¥1500


参加条件:ダンサー、アーティストである必要はありませんが、踊りの要素を取り入れた内容になるなので、ある程度動くことのできる身体能力が必要となります(迷った時はご相談くださいませ。)
服装:動きやすい服
主な内容: 『身体に見える景色を追う』ことをテーマに、町田がダンスの稽古で行っているメソッドと、自分にとっての他者・外界との関係性を考えるワークを取り入れたいと思います。いくつかテーマを設け、参加者の皆さまと話し合う時間も少し設けたいと考えています。 ダンサーでなくても、身体に焦点を当てた創作を行う方、身体に重きを置いて何らかの活動をされいる方、ぜひご参加ください。
______________________________________________
身体を見る(観る・視る)ことで、創作のこと、生活のことを考えていくワークショップ開催します。
企画者・町田藻映子は、絵画の作家であり、ダンサーとしての活動もしています。
芸術大学の絵画専攻に進学後、「身体内に立ち現れる景色」を自覚的に追いながら絵画制作を行ってきました。身体のことを丁寧に見ていく方法を探る為、2013年からコンテンポラリーダンスをヤザキタケシに、舞踏を由良部正美に師事しています。

今回のワークショップでは、普段作品が作品になってしまうことで、こぼれ落ちてしまっているもの────絵画作品でなければならない意味、ダンス作品でなければならない意味。作品を発表していく過程で、そういったことをどうしても求めたくなりますが、そこを固めてしまう以前の出来事、を拾い集め、皆様と共有できるような形を模索したいと思います。
特に、その時その場所で、何かをインプットしている身体、アウトプットをしている身体に何が起こっているのか、その身体に立ち現れる景色を、共有していくことができればと思います。それらは、即興パフォーマンスとして十分成立する可能性も秘めていると考えています。

作品作りは、自分の身体一つで成立しているものではなく、何かの力によって作品を作らされている、「受動的な創作」というものが…