投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

「シェル美術賞2018」入選のお知らせ

「シェル美術賞2018」に入選いたしました。
公募展に応募するのは本当に久しぶり、入選なんて更に久しぶりです。

以下の期間に東京の国立新美術館に新作が展示されます。
よろしければ足をお運び頂けると幸いです。


会期・・・12月12日(水)~12月24日(月・祝) ※18日(火)休館時間・・・10時00分から18時00分(入場締切17時30分)※14日(金)、21日(金)は20時00分(入場締切19時30分)まで夜間開館※最終日24日(月)は、16時00分(入場締切15時30分)まで開館※以下の時間は、関連イベント開催のため、展覧会場内が混雑する可能性があります。ご了承のほど、よろしくお願いいたします。14日(金) 13時00分~15時10分 講評会● 受賞・入選者を対象としたイベントですが、一般のお客様もご入場いただけます。15日(土) 14時00分~15時00分 アーティストトーク● 一般のお客様を対象としたイベントです。21日(金) 18時00分~18時40分 みらいを奏でる音楽会 by シェル美術賞展● 一般のお客様を対象としたイベントです。詳しくは、以下の「関連イベント」をご確認ください。会場・・・国立新美術館 1階展示室1B(東京都港区六本木7-22-2)
TEL:03-6812-9921 ※会期中のみ
http://www.showa-shell.co.jp/enjoy/art/index.html

創作とダンスの為のワークショップ『身体に見える景色を追う』 vol. 2

イメージ
創作とダンスの為のワークショップ『身体に見える景色を追う』 vol. 2
20181128日(水)
19:00-21:30
年内では最後の開催予定です。
企画主催・ナビゲーター:町田藻映子(絵描き・ダンサー) https://www.moekomachida.com 協力:Haru(ダンサー) http://kananakachaby.wixsite.com/dancer-haru
場所:等々力地区会館 大広間 東京都世田谷区等々力3-25-16  最寄り駅:大井町線等々力駅徒歩6分
参加定員:10名 参加費:¥1500
参加条件:ダンサー、アーティストである必要はありませんが、踊りの要素を取り入れた内容になるので、ある程度動くことのできる身体能力が必要となります(迷った時はご相談くださいませ。)
服装:動きやすい服
主な内容: 『身体に見える景色を追う』ことをテーマに、町田がダンスの稽古で行っているメソッドと、自分にとっての他者・外界との関係性を考えるワークを取り入れたいと思います。いくつかテーマを設け、参加者の皆さまと話し合う時間も少し設けたいと考えています。 ダンサーでなくても、身体に焦点を当てた創作を行う方、身体に重きを置いて何らかの活動をされている方、ぜひご参加ください。
申し込み先: moekomachida.workshop@gmail.com 人数把握の為、参加の際は事前にご連絡をいただけますと幸いです。
イベントページ アーカイブ 第1回目 https://www.facebook.com/events/730626913996112/
______________________________
 身体を見る(観る・視る)ことで、創作のこと、生活のことを考えていくワークショップ開催します。  企画者・町田藻映子は、絵画の作家であり、ダンサーとしての活動もしています。  芸術大学の絵画専攻に進学後、「身体内に立ち現れる景色」を自覚的に追いながら絵画制作を行ってきました。身体のことを丁寧に見ていく方法を探る為、2013年からコンテンポラリーダンスをヤザキタケシに、舞踏を由良部正美に師事しています。
 今回のワークショップでは、普段作品が作品になってしまうことで、こぼれ落ちてしまっているもの────絵画作品でなければならない意味、ダンス作品でなければならない意味。作品を発表し…