投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

『創作とダンスの為のワークショップ』vol.6 開催予定

イメージ
7月26日金曜夜に『創作とダンスの為のワークショップ』vol.6を行います。

展覧会が終わった後、色々な人と話し、色々な場所に行き(遠出では盛岡と恐山に行きました。)、見聞きし、考える日々が続いていますが、ここでも話す場を設けられればと思います。

今回は今までよりも身体を動かす内容にしていこうかとも思います。

日程が間際となってしまっていますが、ご興味の方はご連絡いただけますと幸いです。

イベントページ:https://www.facebook.com/events/397955304179911/


創作とダンスの為のワークショップ
『身体に見える景色を追う』 vol. 6

2019年7月26日(金)19:00-21:30(稽古場は30分前から入れます)

企画主催・ナビゲーター:町田藻映子(絵描き・ダンサー)
https://www.moekomachida.com

場所:長島桑川コミュニティ会館 F3和室
〒134-0084
江戸川区東葛西5丁目31番18号
最寄り駅:東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩10分

参加定員:10名
参加費:¥1500

参加条件:ダンサー、アーティストである必要はありませんが、踊りの要素を取り入れた内容になるなので、ある程度動くことのできる身体能力が必要となります(迷った時はご相談くださいませ。)

服装:動きやすい服

主な内容:
町田藻映子(絵描き・ダンサー)が主催する創作者の為の定期開催WS。
主に、町田がダンスの稽古で行っているメソッドを主ないます。
また、毎回いくつか創作に関するテーマを設け、参加者の皆さま同士で話し合う時間も設け、それぞれの創作・活動に向かっている時の自分を掘り下げ、共有していきます。
創作や仕事と、生活のことをいかにしてつないでいくか、迷いながらバランスをとりながら活動する中で、絵画作品でなければならない意味、ダンス作品でなければならない意味、等を固めてしまう以前の出来事、を拾い集めたいと思います。
それぞれが自分の思考・身体への気づきを深めていくことを目指します。その為に必要なテクニック(動きのテクニック、思考のテクニック)のようなものは確かに存在すると考えるので、そこをアプローチしていくWSでありたいと思います。


WS様子参照(第2回のフィートバック記事です)