投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

舞踏家 由良部正美 還暦祭 60th Anniversary Masami Yurabe 企画・出演

イメージ
舞踏の師匠・由良部正美さんの還暦祝いの公演を稽古生で企画しました。
DM・ロゴ作りをさせてもらいました。どんどん楽しみになってきます。
コンテンポラリーの師匠、関西を代表するダンサー・ヤザキタケシさんが、由良部さんの代表作を踊ります。 私にとっては夢のように感動的なラインナップです。
またとない素晴らしい夜になるでしょう。
ぜひお越しください。ご予約お待ちしております。 ______________________________________________
この度、京都を代表する舞踏家・由良部正美の還暦祭を開催する。 由良部正美は1982年舞踏グループ東方夜総会を退会後、ソロダンサー、振付・演出家としての活動を始め、多くのダンス作品を発表、2008年には京都西陣にて、稽古場兼フリースペースALSーDを立ち上げる。また昨年度からは、三条の舞踏専用劇場「KYOTO舞踏館」にてロングラン公演を開始した。 同氏は長年、「身体を身体たらしめている基礎とは何か」という問いに向き合い、「カラダそのものを踊る」ことを探求してきた。由良部氏の踊りの中では、宇宙のような壮大さと、水滴がやっと一粒落ちるほどの細やかさが同時に成立する。その表現の確かさは、鋭い洞察と実践を繰り返す中で、丁寧に積み重ねた長年の稽古に裏付けられたものであると言える。 そして還暦という時期を迎えた現在でも、同氏の洞察は日々アップデートされ続けている。更に、定期的な稽古やダンスセッションを行いながら、他の身体技法や身体観との相対化の中で、新たな舞踏の血脈を辿っている。 今後私たちは益々、「人のカラダ」に存在する、優しさ・憧れ・強さ・弱さ・“私”という存在の在り様、それらの根源的な姿を、カラダの無限の可能態として、彼の踊りの中に見出していくことができるだろう。
2018年8月3日(金) 開場18:30 開演19:00
会場:京都UrBANGUILD 〒604-8002京都府京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F
プログラム: 「KOMACHI」   舞踏:ヤザキタケシ(ダンサー)振り渡し:由良部正美 16mm映画『黄泉の花』上映   撮影:古河潤一 舞踏:由良部正美・稲垣美輪子 「稽古照今」   舞踏:稲垣美輪子 佐藤野乃子 町田藻映子 植野晴菜 「即興舞踏」   音楽:慧奏他 舞踏:由良部正美